WDW-2015 EPCOT-3-1

この旅でのエプコットへのイン3回目!!

ハリウッドスタジオへは夕方行くつもりなので、乗れていないソワリン乗るのと、ワールドショーケースをもう一周することに。

まずは一目散にランド館にあるソワリンへ。
画像


スタンバイ60分。
60分なら待てる!ソワリンの為なら待てるよ!
画像


これもインタラクティブQラインなのかわからないんだけど、大きな画面がいくつもあって、並んでる人を認識して、例えばこれだと、並んでる人が動くことでボールを動かして遊べるというもの。
画像


他には、みんなでレースをするのとか、体を使って、画面上の邪魔ものを消していくと、最後に風景写真が出てくるものとかありました。
画像

これは、カリフォルニアアドベンチャーだね。
東京ディズニーシーのプロメテウス火山を臨む写真もありましたよ!

さすがエプコットなので?Wi-Fiがずっと使えてて、携帯いじりながら待つことが出来ました。

そうこうしてるうちに、ミックスポイントです。
画像


やっぱり素晴らしかった。
今後コンテンツ入れ替えがあるらしいんですが、さらにもう一つ作るらしいですよ。
大人気だから。

ランド館の中。
画像


ゴミ箱もランド館仕様。
画像


画像


フード&ワインが始まるにはまだ少し早いので、かねてから気になっていたフィグメントのアトラクションへ!
画像


画像

ジャーニーイントゥイマジネーションです。
Journey into Imagination with Figment

ミクロアドベンチャーでおなじみ、イマジネーション研究所のアトラクションです。
ドラゴン?のフィグメントとともに、人間の五感について学ぶというもの。

いまーじねーしょんいまーじねーしょん、とフィグメントが歌う歌が、WDWのfour parks one world というCDに入っていて、すごく気になっていて、今回は行ってみたい!と思ってたのです。
歌のタイトルは「One Little Spark」でシャーマン兄弟作だそうです。

では、中のご紹介。
研究所っぽい感じ。
画像

キャストのコスチュームが研究所らしく白衣だったりするのもいいね。

で、イマジネーション研究所に関わる人物のポートレイトが!
画像


ザリンスキー教授
画像


フラバーのブレイナード教授!
ブレイナード教授もイマジネーション研究所の人なのか!
てか、ロビン…
こんなところで拝めるとは。
てか、ビーカーに入ってないよ?
画像


そして、ナイジェル・チャニング博士とフィグメント。
画像


中身はダークライドタイプで、人間の五感の世界を巡るというもの。
でも、触覚と味覚はなかったぞい。

味覚はなかったんですが、F&Wの20thグッズにコックさんの格好のフィグメントがいたから、そっちか!ってなったよね。

何度もバージョンが変わってるらしく、ナイジェル・チャニング博士が出てきたのは2つ目のバージョンからのようです。
現在は3つ目ですね。
wikipediaに詳しく書いてありました。

グッズ売ってた。
エプコットセンターって書いてあるからだいぶ前から売られてるのかな。
画像


画像


さてさて、F&W(2週目w)へ。
Sustainable Chew
画像


画像

Chewのブースのようですね。

この日は取材もやってました。

前回とは逆周りで行くことにしてまずはハワイのパイプラインポーター!(2回目)
この日はビッグウェーブゴールデンエールはありませんでした。
画像


そう!
この日はすごいグッズを使いました!
画像


最初、何に使うのかわからなかったんですが、前回入った時に使ってる人がいて、思わず購入。
こうやって使います!
画像

飲み物食べ物を片手で持ち歩ける!

これの他に、持ち歩き用のフォークとスプーンだったか、ナイフだったかのセットも売ってました。
イベントを楽しむグッズがあるの嬉しい。

ちなみに、さっきのステーキはここの!
画像


ビールはムースヘッドラガー。

大人気レストランのル・セリエのだとわかっているので、ハロー効果が働いているかもしれませんが、とにか美味しかった!
いい焼き加減で、ビールに合うように少し濃い目の味なのもいい!

続いて、フィッシャーマンズパイ。
2回目。
画像


ビールはIrish Cream Ale だって。
泡がかなり細かくて、クリーミーな味わいでした。
画像


画像


日本館までとことこ。
キリン一番搾り
画像


アメリカ館のレストルーム。
クラシックな雰囲気で素敵。
画像


クラシックな雰囲気なのに、ハンドドライヤーがダイソン!
これ、威力がすごかった!
画像


ステージでは、この前来た時と違うパフォーマンスが行われていました。

お次はイタリア館あたり。
絵みたいな雲。
画像


ビールはモレッティ。
画像


ラビオリ再び。
画像


レミー!
画像


フラッグと楽隊のショー。
画像


もはやどこのビールかわからないんだけど、背景がポーランドだから、ポーランドかな。
画像

たぶん、O.K.ビアかと。
うん、オーケービアって言った気がするから多分そうだと思います。

やばそうな雲。
画像


レミー!
画像


アナ雪のアトラクションができるとこの壁。
画像


オーストラリアでもまた飲んでます。
写真は、後ろの人たちがいっぱい写っちゃってるので載せません。

ダッフィーとのグリがつい最近まで行われていたところは、デイジーになったようです。
でも、ダッフィーのストーリーはまだそのまま残っていました。
画像


背景も前のまま。
画像


複雑な気持ちで、デイジーに会いに行く。
デイジーも大好きなので余計複雑。
画像


デイジーは、私も気持ちを察してるのかしてないのかわからないけど、ジェラトーニに反応してた。
デイジーはとっても可愛くて、いいグリだった!
カメラマンは塩だったけど。

Chew 収録してた。
画像


レミーのラタトゥイユ ハイドアンドスキークはこれ。
東京のパークの卵探しみたいにレミーを探して、最後にピンがもらえるみたい。
8ドル弱だったから、ほんとやれば良かった。
残念!
画像


一周して、またカナダです。
ここでは、赤と青のチームに別れて、のこぎりでの丸太切りや、チェーンソーで丸太で椅子を作ったり、丸太の上を渡ったり、とにかく丸太づくしのワイルドな感じのショーをやっていました。
挑戦している人が、一般ゲストなのか、パフォーマンスなのかは不明。
人気があるらしく、毎回人だかりになっていました。
画像

Lumberjack とは木こりのことのようです。

それにしても、カナダ館はすごい広さだった。
かなり幅利かしてる感じでした。
隣のよしみなんですかね。
アメリカ館とは隣り合わせじゃないので、国として、という意味です。

丸一日じゃないし、1本の記事でいけるかと思いきや、またしても、20,000字の壁に引っかかったので、3-2へ続きます…。
(写真いっぱい貼ると簡単に字数がいっぱいになってしまうのですよ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック